テクニカルソリューション
              Autodesk -Technical Q&A-
更新日:2014年12月22日        

ホーム

What's New


インストール
      ・ライセンスヘルプ



Service Pack
     ・Hotfix



問い合わせ先一覧



ディスカッション
                  フォーラム

                -インストール・ライセンス
                -AutoCAD
                -AutoCAD LT
                -3ds Max/Design
                -Inventor
                -Revit Architecture



USのFAQサイト
(Services & Support)





QA番号

製品名 (製品別に検索)
アルファベット選択:A   B   C   D   E   F   G   I   M   N   O   P   R   S   V   W   数字   その他   


インストール・ライセンスに関するQ&Aで該当の製品で回答が見つからない場合、
製品名を「全製品対象」または「その他」でも検索を行ってください。


ディスカッション フォーラム
ディスカッション フォーラムでは、お客様同士の情報交換の場所としてご利用いただけます。 操作についての不明点やお客様の知識を他のお客様と共有し、お困りの案件の早期解決にお役立ていただくことができます また、過去にあった同じような案件についても検索し早期解決にお役立ていただけるものと思いますので是非ご利用ください。

オートデスクの技術者もフォーラムの状況を見ており、オートデスクとしてお答え可能なものにはお答えすることがございます。



サポートチームからのお知らせ



 

Autodesk Simulation Moldflow ライブヘルプ (第6回目)開催のご案内

Autodesk Simulation User Group(ASUG)ご登録ユーザ各位

 

第6回目の「Moldflow ライブヘルプ」のご案内です。以下のボタンをクリックして登録サイトにアクセスをお願いいたします。

 

ASUGサイト: http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?id=13888624&siteID=1169823

[実施内容]

日時:12月17日(水)所要時間1時間(プレゼン:40分/ Q&A:20分)

第1セッション開始時間: 11:00、第2セッション開始時刻: 15:00

タイトル:

「繊維配向テンソルとその結果の見方について」

概要とアジェンダ:

繊維配向テンソルの[テンソル成分]とか[主要値]と聞くと難解なイメージをもたれるかもしれません。ガラス繊維配向は、ファイバーが溶融樹脂の中を3次元空間的に回転する現象です。それを扱うために、どうしても馴染みのないテンソルを使用することが必要になります。でも、ご心配なく。第6回と第7回(2015年1月27日予定)の2つの回で、「繊維配向テンソル」をできるだけ分かり易く、必要最低限の内容(イメージ)を、お届けするつもりです。今年最後のライブヘルプとなります、ぜひご参加ください。

  1. 繊維配向テンソルの結果の見方について
  2. 「テンソル」を使う理由について
  3. 繊維配向理論の入り口のお話

「第7回目予定アジェンダ: より深い、繊維配向テンソルの理解に向けて」

  1. 繊維配向テンソルの設定の仕方
  2. 諸繊維配向予測モデルの区別の仕方 (マイクロメカニックスモデル他)
  3. 長繊維の破断の扱いに関して

ご準備いただくもの:

56kbps以上のインターネット接続環境

オーディオ接続(パソコン付属のマイクとスピーカー)

ヘッドセット(自席からの個人参加時)

モバイル端末(スマートフォン、タブレット)ではアクセスできませんのでご注意ください。)

 

 

第5回Moldflowライブヘルプ結果報告:以下のサイトをご覧ください

http://tech.autodesk.jp/faq/faq/adsk_result_dd.asp?QA_ID=9366